« The Love is Back | トップページ | ボールペンに血がついたらどーすんだ。 »

2006年7月19日 (水)

視線 part 2

前に(*7月14日の記事参照)中学生ぐらいの女の子の話を書いたんですが、実はあの話には続きがあるのですよ。

次の日以降も相変わらず彼女はオレのことをちらちら見ているようです。

オレも気が散って仕事がはかどらないっ、てわけではないですが。

いったいどんな子なんだろうと思ってちょっと観察してみたら、ちょっと少年ぽい印象を受けつつもなかなかかわいい子でした。

しばらくして、ついに彼女は意を決して(?)オレに話しかけてきたのです。

「これ、いいね!(というような意味のドイツ語。おそらく)」とオレの作成中の作品に触れ、親指を立てました。

そこでオレは「5年か10年後にお嫁さんにしてあげるから、あっち行ってなさいね」と頭の中でつぶやきながらかまわず作業を続けました。

俺も何か言葉を返してあげればよかったかと思ったんですが、何せドイツ語ほとんどしゃべれんものでうっかりシカトしちゃいました。

翌日、その女の子、髪をばっさり切って登場!!


ここで問題です。彼女はなぜ髪を切ったのでしょう。

①俺がシカトしたのでフラレたと思ったから

②悲しい過去を振り切るため。

③なんらかの自己主張

④イメージチェンジ。夏だし。




あなたが髪を切る時、それはどんなときですか?

答えは次回。

|

« The Love is Back | トップページ | ボールペンに血がついたらどーすんだ。 »

コメント

続きの面白味的に、①に一票。
ちなみに、
私が髪を切るとき=生活に勢い&潤いを求めたとき
さて。続きは?

投稿: 通りすがり | 2006年7月21日 (金) 08:26

4番
展開的には1番でくると面白いんだけどな。

投稿: ヤブ | 2006年7月21日 (金) 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173124/11014428

この記事へのトラックバック一覧です: 視線 part 2:

« The Love is Back | トップページ | ボールペンに血がついたらどーすんだ。 »