« 青春プレイバック。-今日は家に帰ってからずっと耳鳴りがしてる- | トップページ | ブログ炎上 »

2006年9月21日 (木)

青春プレイバック-part2-

先日、日記に図形の問題を載せたところ、後輩のゆぅくんが見事に答えてくれました。

Photo_5

実はこの問題、突然思いついたわけではなく、仕事のときにこんな感じの座標の算出をしたので、それを数値をそのままにして図に起こしてみたわけです。

僕は最近、金属加工のマシン(フライス盤)のプログラムを勉強してるんですが、たとえば、図のX-Y平面がアルミの直方体を上から見た図で高速で回転させた刃(ドリルみたいの)を点P1からP2へ破線の弧をなぞるように動かすという命令が、

G02 X84.846 Y21.756 I-49.846 J-23.244

↑こんな感じで表されて、その刃の直径に応じた幅を持つ溝が掘れるわけです。

まぁこんなプログラムは知ってる人にとっては常識だし、知らない人にはなんだか全然わからないコンピュータの「~言語」みたいなもんです。それよりも多分もっと簡単です。

別に会社でこんなことばっかやってるわけじゃないけど今はそんな時期なんです。

あ、話が逸れましたが、要するにこの座標を求めるのに"sin"だの"cos"だのを使ってなんだか懐かしいなぁってことなんですよ。多分高校の頃習ったような希ガス。中学だっけ。

上の図は課題プログラムの一つで、P1、P2は自分で出さなきゃいけなかったんですが、なんか教科書に以前使ってた人の書き込みが残ってて、他の奴らは、それ使っちゃえみたいな感じだったんですけど、僕は昔、こういう図形の問題ってなんかパズルみたいでちょっと好きだったので、久しぶりにやってみるかって計算してみたんですよ。そしたら出た答えが書き込まれてたのと違うのね。しかも0.1534とかすごい微妙な違い。電卓で計算している以上こんな微妙な違いがでるもんなのかとしばらく考え込んでみたものの、結局なんだかわからず、しょうがないので先生(みたいな人、指導してくれる人)に答えが合わないと問い合わせてみたら、できない子とみなされてしまい、三角関数について長々と説明を食らってしまいました。

むかついたので後で僕が出した数値でちゃんとプログラム走らせてこっちの方が正しいことを証明しました。

でも考えてみると、僕の周りは16~18歳くらいの子達ばっかりだから三角関数なんて知ってるんだか知らないんだかってところだろうからしょうがないっすね。25の自分が一緒にされてもどうかと思いますが。

|

« 青春プレイバック。-今日は家に帰ってからずっと耳鳴りがしてる- | トップページ | ブログ炎上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春プレイバック-part2-:

« 青春プレイバック。-今日は家に帰ってからずっと耳鳴りがしてる- | トップページ | ブログ炎上 »