« ヤツの鼻から水がビロ~ン | トップページ | 突然ですが日本に帰ります。 »

2006年12月 4日 (月)

き、記憶が…

1週間前のことがはるか昔に感じられてしまう今日この頃。



今夜は満月?とか思ったりして。関係ないけど。



11/27~12/1の仕事の話、します。

【月曜日】
ハルン(仮):
トルコ人
ドイツ及びドイツ人の悪口ばかり言う。
「ドイツ人はアシュロホ(ケツの穴)だ」が口癖。
日本人(オレ)にはやさしい。
仕事多いとか愚痴が多い。
でもトルコには帰らない。

【火曜日】
フランクzwei(仮):
黒髪のロンゲ
眼がものすごく青い
声が高い

アリ(仮):
トルコ人
いかにも胡散臭い外人風
schwul(仮)

【水曜日】
マルティナ(仮):
工場で初めて一緒に仕事した女性(オフィスにはたくさんいるけど)
イカツイ
レーザーで金属に刻印

もう一人の女性:
名前知らない
Begbie/ハンス(仮)にいつもちょっかいだされてるけどムシ

おじいちゃんzwei:
名前知らない
いつも食堂に行くときに一緒になってたので、もう随分前から顔は知ってた。

【木曜日】
ボンザイ/Bonsai/盆栽/マーティン(仮):
最初なんのことかわからなかったので



「ボンザイって何?」



って聞いてみた。



「小さい木の事だよ」



辞書で調べたら載ってた。
「Bonsai/盆栽」



「何でボンザイなの?」



「小さいから。」



「・・・」



確かに背はオレと同じか少し小さい気もする。ドイツ男子成人にしては破格の小ささ。



だからってなぜボンザイ。



どっから拾ってきたその言葉。



同僚が「おい、ボンザイ!!」と呼ぶたびにオレの胸がチクリとする。



なんか同情でもしちゃってるのかオレ。



そりゃあ、オレも背が低いから昔からコンプレックスだったけど、むしろ「かわいい~」と言われたことも多かったから「じゃあ、それで」みたいに割り切って生きてきたわけ。でもそんなオレも「かわいい~」とかいう年齢なんかとっくに過ぎて、もちろんボンザイもだけど、俺たちは一体どこへ向かえばいいのか…なんて思ったりはしないけど、

ボンザイは周りからはちょっと弄られ気味のキャラだし、気が短いし、若干不幸オーラでてるけど、テフロン加工丁寧に(?)教えてくれたし、一緒に鳥の丸食ったし、とにかくボンザイがんばれ!!と思うのです。

トビーzwei(仮):
ボンザイの同僚
テフロンをスプレーしてる後姿がなんかノリノリに見える(ホントはテフロンを一定量均一に吹き付けるためのテクニックなんだけど)

【金曜日】
ターン(仮):
ベトナム人


うっかり「サワディーカー」と挨拶しそうになったけどコレはタイ語だった。



「シン・チャオ」が正解。



コミュニケーションの壁はまだまだ厚いです。

|

« ヤツの鼻から水がビロ~ン | トップページ | 突然ですが日本に帰ります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173124/12938396

この記事へのトラックバック一覧です: き、記憶が…:

« ヤツの鼻から水がビロ~ン | トップページ | 突然ですが日本に帰ります。 »