2007年3月22日 (木)

1日1コーラ

最近毎日、仕事中に必ずコーラ(瓶1/3㍑)を飲みます。

今日なんて3本飲みました。

朝コーラ、昼コーラ、午後コーラ

昔はコーラをガッて飲むとおなかが痛くなってたんですが、最近はがぶ飲みで平気です。

自販機に行って戻ってくるたびにコーラを持ってるなんてちょっとしたデブです。


Cola









ところで最近また雪が降っていて非常にうっとおしいです。

この前なんか晴れてるのに雪が降ってて、天気雨ならぬ天気雪。

こんなの初めて見た。

そして部屋が寒い。

オレの部屋は天井が無駄に高く、目算で4mぐらいあるんですが 、暖かい空気はみんな上に逃げちゃって暖房がほとんど効きません。

あと、たまにシャワーからお湯が出なかったりします。

夜遅くなるとほとんど全滅です。

最悪なのは体洗った後にお湯が出なくなる場合。

あなたならどうしますか?


1°思い切って水で流してみる。

2°思い切ってポットで湯を沸かす。

3°思い切ってそのまま出ちゃう。

4°思い切って冬はシャワー浴びない。




















1を選んだあなたは風邪ひきます。

2を選んだあなたはやけどします。

3を選んだあなたは長島茂雄です。

4を選んだあなたはドイツ人です。




あれ、雪止んだ?

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2007年3月18日 (日)

週末の過ごし方

土曜日に髪を切ったんですが、予約が2時でこの時間にミュンヘンに行くと駐車場の都合でちょっと面倒なのでミュンヘンに前日入り。

夜の12時少し前にミュンヘンに着き、仕事を終えた友達Yと合流して朝6時ぐらいまで酒を飲む。

昼過ぎ、そろそろ起きて美容室へ、と思ったら美容師さんから友達Yの携帯に電話。

でも用があったのはその友達Yにではなくオレに。

なぜオレがその友達の家にいることを知ってるのかと。あとで聞いたら「なんとなくいるんじゃないかと思った」んだそうで。

用事は「美容室に来るときに注文してた肉を取ってきてくれ」とのこと。

美容師が客に肉を取りに行かせる美容院。

でも腕は確かです。

ざっくりすっきりしたところで友達と少し遅い朝食。

そしてマリオカート。

で、買い物へ。

久しぶりにCDを見てたら4heroの新作とCompostのコンピレーションを発見して興奮し即買い。

無印で軽量スプーン(大さじ、小さじ、小さじの1/2、1/4、1/8のセット)を9EUROで購入。

小さじの1/2、1/4、1/8はいらないから安くしてくれ。

一緒にいた友達Yは7時から用事があったので一旦別れ、別の友達Kと合流してカフェでだべり、在ミュンヘン日本人の飲み会へ。オレは在ミュンヘンではないけれど。

となりに座ったドイツ人のだんなさんを持つヒトがめちゃめちゃ面白く、

途中で友達Yと再び合流し、

飲み会終了後、別の店でさらに飲み、

閉店後、ガソリンスタンドで酒を買い、友達Yの家で朝8時ぐらいまで飲んだらしく、

その次は3時ぐらいに目を覚まし、マック食ってマリオカートとか再び。

帰りは8時ぐらいの電車に乗り、座った席の周りにアイスホッケーのいかつくてうるさくて臭いチームがどかどか乗り込んで酒を飲み、大声で笑い、歌を歌いだしたので我慢できなくなって車両を移り・・・

で、さっき家に着いて今ブログ書いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月 6日 (火)

-ドイツにて-

実は今日(3月6日)、26歳の誕生日を迎えたわけです。

26歳になったからと言って別に何が変わったってものないんですが。

だいたい海外にいると日本と時間が違うから「結局いつ?」みたいになるし。いや、生まれた時間計算してみるとちょうど今日仕事から帰ってきたぐらいの時間になるのはわかった。

1967年以降、1秒という時間は「セシウム133(133Cs)の原子の基底状態の2つの超微細準位の間の遷移に対応する放射の周期の91億9263万1770倍に等しい時間」というふうに決められていて、オレが生きてきた26年間という時間もコレによって正確に知ることが出来る。

つまり、セシウム133が7537369723000000000回ぐらい遷移を繰り返す時間が26年だと。




とにかく、自分が幸せだと思うことは、自分の生まれた日、時間を知っているということ。




それは、生んでくれた人がいるということ。




生まれてきたことを認めてくれた人がいるということ。




周りの人に自分の生まれた日を言えることは幸せだと思う。




それを祝ってくれる友達がいることはもっと幸せだと思う。




誕生日に母親からのメールが来た。

---------------------------------------
件名:誕生日

本文:

お誕生日おめでとう!

体に気を付けて仕事に励んでください。

父から伝言

日清カップヌードルの新製品が発売されましたら送ります。

(大変苦労して出来上がりました。)
---------------------------------------
親父ww
誕生日のメールに日清カップヌードルwww



・・・・・・



今日はそんな相変わらずの両親に乾杯。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年2月13日 (火)

バレンタインデーって何の日よ

それにしても昔からチョコなぞほとんどもらったことがないのでバレンタインデーの日はいつも切ない気分になっていたものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年2月11日 (日)

"かたすとろふぃ"をgoogleで検索するとこのブログがトップに出てくる件

この前、最近の出来事のことをブログに書こうと思い、2週間ぐらい遡っていろいろ考えながら書いていたんですが、なかなか筆が進まなかったので、後で書こうと思い一旦シャットダウン。

あろうことか保存せずに消してしまったんです。うっかり。

これは水戸黄門にでてくるうっかりハチベエが旅の道中を記した紙をうっかり鼻紙に使ってしまったぐらいうっかり。いや、俺は自分の書きかけの記事を鼻紙にすら使えなかったハチベエ以下の男。

かの徳永英明でさえ、壊れかけのRADIOを歌にしたというのに。

じゃあ、オレはその書きかけの記事を一体何に利用できたかというと、少なくともオレの頭には・・・何も思いつかない。しいて「全てを削除してPCの用量の確保」とも言えなくはないがコレでは本末転倒。

この「書きかけの記事」が紙だったら・・・鼻紙やトイレットペーパー、その他何かに役立ったかもしれない。ペーパーレスの時代といわれる昨今。このブログがペーパーレスへのアンチテーゼとなりうるか・・・。



「なりません。トイレットペーパー使い切る前に買い足しなさい」



徳永英明のごとく、この「書きかけの記事」を歌にしてみたら・・・

  思春期に少年から 大人に変わる
  道を探していた 汚れもないままに
  飾られた行きばのない 押し寄せる人波に
  本当の幸せ教えてよ 書きかけの記事

「書きかけの記事」の部分の語呂がわるい。

それにしても「思春期に少年から大人に変わる」歌をうたったと思われる「壊れかけのRADIO」。思春期の少年から大人への成長をうたった割りに最も象徴的な単語は「壊れかけのRADIO」。なぜRADIOだけアルファベットなのかなどと最早突っ込む気も起きないほどJ-POPといわれているジャンルはそういうのが氾濫しすぎてるし、日本人はそういうのに飼いならされてしまいました。手遅れでしょう。

話が脱線しました。「壊れかけのRADIO」。ヒトの成長をうたう歌にもかかわらず壊れかけ。成長とはむしろ逆の過程では?

まぁ、いいです。徳永は思春期が絶頂期で今は落ち目だと。まぁそういうこと。ちょっと面倒になってきたのでこの話はこの辺で。

結局「書きかけの記事」は書き上げるしかなかったわけですがもうその記事はこの世には存在しないし、その代替として書き始めたこの記事もこの有様。

で、結局何をしてたかというと

かなうちゃんの演奏会に行って来ました。

サトコさんのギャラリーに行って来ました。

ザルツブルクに行って来ました。

ミュンヘンの友達とは相変わらず明け方まで酒を飲んでました。

先週はチャーシューを2回作りました。

そんなわけで家にあるビールが無くなりました。

今日はこの辺で。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年1月15日 (月)

サイキドウ

いつの間にか1月が半分過ぎたわけですが、今日から漸く仕事再開です。

おひさしぶりです。

そういえば前回は日本に帰りますという話をしたので日本での話を少し。



帰りの飛行機はツアー客のおばちゃん連中と子連れのお母さんたちに囲まれ、

とにかくガキがうるさい、

という話をしたら、みんな同じこと経験をしたことがあるらしく、

ガキ乗せるな、

との統一見解に至ったので手荷物に液体を規制する前に

ガキを規制、

ガキを連れて行く場合は「預ける」

ってことにしたほうがいいのでは?


とか冗談を本気にしてしまいそうなほどうるさく、前に座ってた温厚で最初は子供見てニコニコしてたドイツ人も仕舞いには舌打ちしちゃってました。



日本に戻ってみて最初に思ったこと…

日本人多いなぁ

ドイツ人はもっと少ないぞ

などとボケるほど時差ボケでそのまま会社に顔を出し、さらに飲み会に行き、カラオケボックスでヒトの喧嘩をみて笑いながら帰ってきました。

今年は、ここ数年では久しぶりにきれいな初日の出が見られてなかなか幸先のよいスタートを切れたと思っているのですよ。

んで年明けて酒飲んだり、親戚の家に挨拶に行ったり、酒飲んだり、うまい飯くったり、飲み会ではしゃいだり、酒飲んだり、携帯なくしたり、得意先に挨拶行ったり、大学の研究室に顔出したり、酒飲んだり、あっという間に時間は過ぎました。

父親と酒飲みながら話し、「あぁ、このヒトもちょっと耄碌し始めたんじゃないか」と思い、相変わらずの父母のやり取りをみて、「よく出来た夫婦だなぁ」と感心し、妹の話を聞いて、「コイツも漸く先のこと考えるようになったか」とほくそ笑み、弟の顔見て、「あれ?コイツオレに似てきたなぁ」と言ったら、あんたたち昔から同じ顔よと母親に突っ込まれ・・・

2週間近くいると腰が落ち着きそうになって危険です。もう少し長くいたら、もう、戻れなくなっちゃうんじゃないかと思うほど。それでも、今はドイツが拠点だからとか、後1年ちょっとだからとか、ドイツにもオレを迎えてくれる人がいるからとか思いつつ、意外とすんなり戻ってきました。

唯一後ろ髪引かれた思いをしたのは空港でばあちゃんに電話したときにばあちゃんが泣いてたこと。俺も泣きそうになった。

まぁとにかく、何を言ってももう戻ってきちゃったもんだからやることはやりましょう。

ってことで今年もよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

突然ですが日本に帰ります。

久しぶりの日記更新。僕は一度放置しちゃうと結構そのまま放置し続けちゃうダメなコの典型なので気を付けるようにはしているのですが、最近なんとも…いや、言い訳が思い浮かばなかったです。

最近何をしてたかというと平日はもちろん仕事。週末は主に(毎週?)ミュンヘンという日本でいうと東京に住んでるヒトが毎週末伊豆とか日光とか湯沢とかに遊びに行ってる感じです。

いや、逆か。どう考えても。こっちは山もあるし、「長野辺りから東京に遊びに来てる田舎モノです。彼女募集中です。」ってところでしょうか。

そんな僕が毎週ミュンヘンに行き、一緒に遊んで酒飲んで騒げる友だちができ、べろべろに酔っ払って電車乗り過ごしたり、乗り換え間違えて知らない駅に来ちゃっても難なく(?)家に戻って来れるようになり、なんか大分ドイツにも慣れてきたな~と思ったりして。

ここ最近はドイツでもクリスマスの雰囲気がいっぱいで、みんなクリスマスに向けてなんとなくウキウキな様子でした。

日本もきっと派手に盛り上がってたんでしょうが、僕は日本のクリスマスがあまり好きではありません。何故かというとなんかクリスマスって日本人にとっては大して意味もないのに無駄に派手に盛り上がって馬鹿みたいに見えるからです。

それでもクリスマスシーズンにはそれなりにお金が動くし、季節感もでてて、そういう意味ではアリなんじゃないかと、フォローを。

斯く言う僕も彼女がいたりすると一応レストラン予約したりプレゼント買ったりなんてことしてましたが、そもそもそんな時期に彼女がいたことなんか数えるほどしかござーせん。

ま、なんだかんだ言ってますがとりあえず、派手過ぎるイルミネーションは無駄だな~とつくづく思うのです。電気の無駄。派手じゃなくてもきれいなイルミネーションはいっぱいあると思うし、ああいうのは光と闇の対比がきれいなわけだから光ばっかりだとただまぶしいだけだし。ヒトは蝋燭一本の光でもきれいだと思えるのに。もうちょっと考えた方がいいんじゃないかと。とか。指と頭が動くに任せて書いております。なにせ久しぶりの日記なもんで。

クリスマスイブは例のクリスティアン(仮)に呼び出されファミリーとご対面。アポ無しだったけどいいのか?とか思っていたら彼の愛犬シンディー(仮・ゴールデンレトリバー)に激しく吠えられる俺。

クリスティアン(仮)は若干アル中のしょうもないヤツだけどクリスマスにはちゃんと家族と過ごしておめでとうを言い、親にプレゼントを渡し、静かに音楽を聴きながら談話を楽しむのでした。ま、たまにタバコを吸いに自分の部屋に戻ってはニルバーナ聴いてたけどね。夜は出掛けてったよ。



クリスマス当日は人事のティロさん(仮)に昼食に招待されていたので日本酒持ってお宅訪問。ドイツの家庭料理を堪能させてもらいました。クリスマスプレゼントってことで日記帳を。これで毎日日記書けと。もちろんドイツ語で。

そのあとティロさんの息子ゲオルグ(仮)、ペーター(仮)とゲオルグ(仮)の彼女と部屋で音楽聞きながら、いろいろ音楽について話してたんですがゲオルグは楽器(ベース)やってるせいかちゃんとこだわりをもちつつもいろんな音楽聴いてるナイスガイでした。弟のペーターはまだ13歳でまだ音楽には目覚めていない様子。ドイツ人の15ぐらいまでの男の子はなんでこんなにかわいいんだろうとか思いつつ。※注)僕はノーマルです。

夜はミュンヘンでクリスマスパーティー、略してクリパ。という懐かしい響きを醸し、いざ中華料理屋で飲茶、そしてメインにホタテを。と思ったらホタテは売り切れだそうで。残念でした。それでも料理には満足、おなかもいっぱいになって、その後友達宅にて朝まで。久しぶりにべろべろになった気がする。

帰りが大変だった。電車間違える×2で知らない町へ。朝もやのかかる極寒のドイツの片田舎で電車待ち50分。とにかくてこずったわけですよ。電車揺れるし。「吐く?吐かない。吐く?吐かない。吐く。吐く。吐く?吐かない」を繰り返しているうちにどうにか地元の駅へ。なんとか吐かずにすみましたよっと。

さて、もうすぐ帰国。

普段会えないヒトに会えること、普段食べられないものを食べること、普段聴けない音楽を聴くこと、普段見られないものを見ること。とにかく楽しみです。

ドイツの皆様、しばしのお別れです。また近いうちに会いましょう。

日本の皆様、お久しぶりです。会えるのを楽しみにしてます。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2006年11月26日 (日)

死ぬかと思った(他のヒトが)

平穏な日曜日。

最近は金曜土曜と自分にしてはかなり遊んでいるので日曜の昼間ってのは何もしないでまったりしてるのがなんかちょっと幸せです。

今日は日も出てて暖かかったのでなおさら。

そんな日曜の昼下がりをぶち壊す怒号



?聞き覚えのない声



どうやらオレの名前を呼んでいる様子。



しばらくすると今度は下の玄関の扉をドンドン叩く音が。



扉を開けるとそこにはクリスティアン(仮)。


お前か。


(コイツはこれからよく出てくるかもしれないので覚えておくといいかもしれません)



なんか暇だったから遊ぼうぜとのこと。



こういう誘いは非常にうれしいんですが、何せコイツ、今日は酔ってました。



最初車で来たときは別の友達が運転してたんですが、とりあえずその友達の家まで行くと「じゃあね」ってなもんでヤツと二人に。

オレ「お前、運転できるの?」

クリ「ん~じゃあ、お前運転する?」

オレ「いや、俺オートマばっかりだったから。」

栗「じゃあ、オレが運転するわ」



マジ!?



どこへ行くとかも決める前に発進。



車がスーパーカータイプでもともとものすごく飛ばすヤツが酔ってて、しかも車の中ではデスメタルが、ごく限られたかなり特殊な場所でしか鳴らないような爆音でかかってたため、ヤツのテンションも最高潮。何故か街をグルグル。窓も全開だから目立ってしょうがない。

しかも天気がよかったからいつもよりヒトも車も多くて、なんていうか生きた心地がしなかったですわ。

で、しばらくグルグルして着いた先はレストラン。



またコイツ飲んじゃったよ。



もうダメだ。と思い、



「お前んち行こう。ゲームしようぜ」と何とか説得してヤツの家で普通に「Resident Evil(日本でいうバイオハザード、こっちでは何故かこの名。なぜ?)」をやって帰ってきましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月15日 (水)

「ab」の謎

以前「アップ」はドイツ語で「下がる(下に?)」の意味であるという冗談のようなホントの話をしました。

これまで「アップ」ユーザーに二人遭遇しているとは言えいまいち「ホントかよ?」感が拭えず、確信が持てなかったんですが、今日ついに「あ、これはホントっぽい」というものを見つけたんです。

重い荷物を運べるリフトの付いた台車にそれはありました。

図にするとこんな↓感じ

Abauf

ハンドルを右に回すと台が上に上がり、左に回すと下に下がります。

コレを見たとき「あぁ、そういうことか」と、なんか妙に納得。

別にオチはないけど、リフトの絵を描いてみたら自分なりにうまくできた。と自画自賛。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月18日 (水)

そういえば

「生姜」と「しょうがない」のダジャレにだれも突っ込んでくれない件。敢えて?

| | コメント (0) | トラックバック (0)